プロフィール

主な業績・経歴・プロフィール

発明協会賞状の写真

  1. 北海道大学大学院理学研究科修士課程修了。
    同年日立金属(株)入社。入社以来、主に電子部品の製造プロセスの研究開発に従事。

  2. 1994年より携帯電話用セラミック積層部品の製造プロセスの設計・開発・量産化を担当。

  3. 1996年より世界の主要携帯電話機メーカに積層部品の供給を開始。

  4. 量産化した製品「デュアルバンド携帯電話機用アンテナスイッチモジュール」にて日刊工業新聞十大新製品賞を受賞。

  5. 技術士(化学部門・総合技術監理部門)登録(第48634号)。

  6. 特許「ガラスセラミックス複合基板」(特許第3369780号)にて発明協会中国経済産業局長賞を受賞(筆頭発明者・明細書作成者)。

    2007年より知的財産担当として、特許出願明細書作成、内外の中間処理(特許庁からの拒絶理由通知への応答~権利化)、他社特許調査・対策に従事。

  7. 2018年末に栗原光技術士事務所を開業。

詳細はこちら

  1. 岡山県岡山市生まれ

  2. 岡山県立岡山朝日高校卒業

  3. 北海道大学理学部化学第二学科卒業

  4. 北海道大学大学院理学研究科化学第二専攻修士課程修了(理学修士)

  5. 日立金属(株)入社、磁性材料研究所(埼玉県熊谷市)配属
    :積層圧電セラミックスの要素技術開発

  6. (株)日立製作所生産技術研究所(神奈川県横浜市戸塚区)に実習派遣
    :AlN(窒化アルミニウム)多層基板の要素技術実習

  7. 半導体用封止用AlN部品開発

  8. 上記部品の顧客である(株)日立製作所デバイス開発センタ(東京都小平市)に実習派遣
    :信頼性評価技術等実習

  9. 上記部品(製品)の生産立上のため日立金属安来工場冶金研究所(島根県安来市)に駐在

  10. 日立金属磁性材料研究所から日立フェライト(株)(鳥取県鳥取市)へ
    圧電セラミックス部品の技術移管を担当

  11. 日立フェライトからの日立金属への依頼研究を受け、フェライト積層部品プロセス開発を担当

  12. 日立フェライト鳥取工場内に日立金属磁性材料研究所鳥取分室が置かれ、携帯電話機用セラミック積層部品*のプロセス開発~量産化を担当
    (*:LTCC:Low Temperature Co-fired Ceramics(低温同時焼成セラミックス))

    • 原料・シート成形・印刷・積層・切断・焼成・外部電極形成等、各工程の購入材選定・設備選定・製造条件を決定
    • クリーンルームの仕様の決定・管理方法の実施
    • 解析・評価装置の選定・導入、立上を担当
      (導入装置例:熱分析装置(DSC/TG/DTA)、X線回折装置(XRD)、電界放射型走査型電子顕微鏡(FE-SEM)、X線透視装置、X線CT装置、等)
    • 不良・不具合調査:上記解析手段等による原因調査・不良対策・品質改善
  13. 製品及び製造場所で、ISO9001及びISO14001を認証取得

  14. 日立フェライト(株)が日立金属(株)鳥取工場となった後、1997/7 鳥取工場所属員となる。

  15. ノキア、エリクソン、モトローラ、サムスン等、世界の主要携帯電話機メーカに高周波用積層部品を継続的に供給

  16. 「デュアルバンド携帯電話機用アンテナスイッチモジュール」にて日刊工業新聞十大新製品賞を受賞

  17. 生産能力1,000万個/月、売上5億円超/月達成
    (上記アンテナスイッチモジュールの生産能力を半年で10倍化を達成。)

  18. 本社にて新製品の顧客開拓等担当

  19. 鳥取工場にて、軟磁性金属薄帯部品のプロセス開発担当

  20. 発明「ガラスセラミックス複合基板」(特許第3369780号)にて発明協会中国経済産業局長賞を受賞(筆頭発明者・特許明細書作成者)

  21. 的財産担当として、主に軟磁性材料・部品(フェライト・金属薄帯)に係る特許出願~権利化を担当(勤務地:島根県安来市・鳥取県鳥取市)

    • 特許出願明細書を数10件作成
    • 中間処理(外国含めて、各国特許庁からの拒絶理由通知に対する応答~権利化)を数100件処理
    • 中国特許を含む内外障害特許に対して各国特許庁への情報提供により無害化等、他社特許対策を多数件処理
    • 技術系大卒院卒初年度知財研修講師:3年間(入社初年度終日)担当
  22. 社内特許表彰で特別賞特等(第一等級)を受賞(筆頭者)

  23. 栗原光技術士事務所開業